外国人の就労ビザ申請はアヴァンスへ
外国人の就労ビザ申請
外国人就職に関するコンサルティング対応いたします!!
※ご連絡は06-6228-0458まで

アヴァンス行政書士法人に依頼するメリット

昨今の少子高齢化の影響により、現在日本では一部人気のある分野を除き、様々な業種で慢性的に人材不足に陥っており、いくら求人を出しても全然人が集まらず非常に困っているという声を耳にします。

こうした状況を踏まえ、優秀な外国人を日本に受け入れることによって、人材不足を解消しようという企業様が多数現れるようになりました。
そこで大きな壁となるのが「就労ビザ(在留資格)」です。

「就労ビザ」は日本で就労することを目的とした在留資格の総称として使われます。
外国人が日本で働く場合、入国管理法で定められている職種の範囲内で、かつ定められた在留期間に限っての就労が認められています。(もちろん例外はあります。)外国人が就労ビザを取得できなければ、企業側は雇用できません。
企業が外国人を雇用する場合、先ずは仕事の内容が現在日本で定められている就労ビザ の職種の範囲内の活動であるかを確認する必要があります。そして、職種に応じて就労ビザの認定申請、変更申請、更新等の手続きを行うことになります。
入国管理局への申請について、申請書自体の様式や必要書類は決まっていますが、その他の添付書類等は全く明示されておりません。
しかしながら、実際には任意で添付する、採用理由書等が非常に重要な書類となります。
それを知らずに申請すると、本来であれば就労ビザを取得できる人材であっても不許可になってしまう、ということが多々あります。
書類を準備し直して再申請できる場合がありますが、余計な時間とコストが発生し、採用を決めた企業側では貴重な人材を、就労を希望する外国人は就労するチャンスを失うことになり、様々な面で重大な損失になってしまいます。

このように、就労ビザ許可申請は調査からスケジュール管理、書類作成など、様々な技術的要素が必要です。
優秀な外国人をスムーズに雇用するために、経験豊富な行政書士が在席するアヴァンス行政書士法人へご相談下さい!

自社で就労ビザ取得の手続きをしようと思っても・・・

豊富な経験と実績のあるアヴァンスへお任せください!

アヴァンスの強み

  • 就労ビザ取得件数約550件以上!!
  • 日本全国対応可能
  • 英語、中国語、韓国語、ベトナム語に対応
お問い合わせ

アヴァンス行政書士法人が選ばれる5つの理由

スピード
申請!
豊富な
実績!
日本全国
対応!
多言語
対応可!
成功率が
高い!

ビザ取得までの流れ

問い合わせ~無料相談
就業予定の会社や業務内容を聴き取り、どの就業ビザに当てはまるのかを検証し、ご案内します。
業務委託契約締結~必要書類のご案内
契約締結後、必要書類について必要最小限でご案内いたします。
必要書類収集
申請者と同じ言語が堪能な者がフォローさせて頂きます。
申請書類作成~ご署名、ご捺印
必要書類を収集の依頼をしている間に、申請書類一式ご用意いたします。
申請
管轄の入国管理局に申請書一式を提出します。
ビザ取得

就労ビザ申請の費用

費用に関してはこちらをご覧ください。

よくあるご質問

どんな仕事なら就労ビザが取れるの?
エンジニアや通訳、外国語教師、調理師などが典型的な仕事です。
一度不許可になっても、就労ビザは取れるの?
申請人の経歴や仕事内容によっては十分可能です。
転職した人でもビザは取れるの?
仕事内容がほぼおなじであれば、十分可能です。
お問い合わせ
就労ビザ・他入管業務について